東海大-海野隆司(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】ソフトバンク、1位と2位の指名に大きな疑問符が付く

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はパ・リーグ2位のソフトバンクだ。

■ソフトバンク指名選手
1位 佐藤直樹(JR西日本・外野手)
2位 海野隆司(捕手・東海大)
3位 津森宥紀(東北福祉大・投手)
4位 小林珠維(東海大札幌・内野手)
5位 柳町達(慶応大・外野手)
育成1位 石塚綜一郎(黒沢尻工・捕手)
育成2位 大関友久(仙台大・投手)
育成3位 伊藤大将(八戸学院光星・内野手)
育成4位 勝連大稀(興南・内野手)
育成5位 舟越秀虎(城北・外野手)
育成6位 荒木翔太(千原台・内野手)
育成7位 村上舜(山形中央・投手)

 ドラフト会議前日まで佐々木の指名を匂わせながら、石川を1位指名。中軸を打つ主力野手の高齢化が進んでいるだけに、この選択は正しいと思うが、外れ1位の佐藤、2位の海野の指名には大いに疑問を感じた。佐藤は守備と走塁、海野も守備が売りの選手だが、チームに足りないのは将来中軸を打てる打力のある選手。守備がしっかりして運動能力があれば、鍛えて打てるようになるという考え方なのかもしれないが、アマチュアの野手が最も苦労するのがバッティングである。全体的な戦力の底上げにはなったかもしれないが、チームの大きな課題は残ったままという印象は否めない。

 佐藤は、今年のドラフト1位12人の中で最も驚かされた選手。高い運動能力を生かした守備と走塁は社会人の中でも目立つ存在で、右打ちという希少性もあるため、この順位になったと考えられる。打撃はパンチ力もあるが、どちらかというとミート重視で凄みには欠ける印象。高校卒3年目とまだ若いだけに、自分のスタイルをどう確立できるかがポイントになりそうだ。

東海大・海野隆司(撮影・西尾典文)
ドラフト2位で指名された東海大・海野隆司(撮影・西尾典文)

 2位の海野は、過去数年の中でもディフェンス力はナンバーワンのキャッチャー。地肩の強さも素晴らしいが、それ以上に目立つのが動きの良さ。素早い動作で強く正確に投げられるスローイングはプロでも上位のレベルに入る。甲斐拓也の壁は高いかもしれないが、十分に張り合えるだけの潜在能力は秘めているだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita