立命館大・坂本裕哉(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】DeNA、予想外の戦略も「上位指名」に疑問が残る

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はセ・リーグ2位のDeNAだ。

■DeNA指名選手

1位 森敬斗(桐蔭学園・内野手)

2位 坂本裕哉(立命館大・投手)

3位 伊勢大夢(明治大・投手)

4位 東妻純平(智弁和歌山・捕手)

5位 田部隼人(開星・内野手)

6位 蝦名達夫(青森大・外野手)

7位 浅田将太(有明・投手)

 大方の予想を裏切り、高校生ショートの森を1位で指名した。昨年、小園海斗(報徳学園→広島)を1位で指名したが抽選で外し、大学生投手の上茶谷大河に方針転換しているが、今年はどうしても二遊間の選手が欲しかったということだろう。しかし、森は 、小園と比べると全てにおいてスケールが小さく、1位でどうしても確保したかった素材かというと少し疑問が残る。また、2位の坂本も近年多い大学生サウスポー。成功法則に沿った指名といえなくもないが、今年の坂本のピッチングを見る限り、この順位に相応しいようには思えない。3位の伊勢も同様だ。上位3人がいずれも一つずつ順位が下であれば違和感はだいぶ薄れるが、この一つの順位の違いは決して小さいものではないだろう。

 1位の森は、運動能力の高さを生かしたスピード溢れるプレーが魅力のショート。上背はそれほどないもののパンチ力もあり、U18W杯で全試合1番を打ったようにトップバッターとしてチームに勢いを与えられる選手だ。左右は違うがチームの先輩である桑原将志にイメージが重なる。ただショートの守備は捕球、送球ともまだまだ安定感には欠けるところがあり、プロでは一から勉強となるだろう。

立命館大 ・坂本裕哉(撮影・西尾典文)

 2位の坂本は、関西の大学球界を代表するサウスポー。悪いクセのない流れのスムーズなフォームが持ち味で、左投手らしいボールの角度がある。スピードは140キロ台前半がアベレージでまとまりのあるタイプだが、プロではさらに制球力を磨くか、何か一つ大きな武器になるボールが必要になるだろう。

明治大 ・伊勢大夢(撮影・西尾典文)

 3位の伊勢は、高校時代から大きくスピードアップしたパワーピッチャー。サイド気味のスリークォーターから投げ込むストレートは、150キロを超えることも珍しくない。ただ、そのストレートが簡単に合わせられることも多く、打者の脅威になっていないのが課題だ。プロで活躍するにはボールを見づらくするようなフォームの改善や緩急の使い方などを工夫することが重要になりそうだ。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita