智弁和歌山・黒川史陽(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】楽天、焦点がハッキリしない指名に終始

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はパ・リーグ3位の楽天だ。

■楽天指名選手

1位 小深田大翔(大阪ガス・内野手)

2位 黒川史陽(智弁和歌山・内野手)

3位 津留崎大成(慶応大・投手)

4位 武藤敦貴(都城東・外野手)

5位 福森耀真(九州産業大・投手)

6位 滝中瞭太(Honda鈴鹿・投手)

7位 水上桂(明石商・捕手)

育成1位 江川侑斗(大分・捕手)

育成2位 小峯新陸(鹿児島城西・投手)

育成3位 山崎真彰(ハワイ大・内野手)

育成4位 沢野聖悠(誉・内野手)

 個人的に最も驚かされた指名となった球団が楽天だ。1位では地元東北の逸材である佐々木を外して、社会人ナンバーワン内野手の呼び声高い小深田を指名。2位でも高校生内野手の黒川を指名した。チームを最下位から3位に押し上げた平石洋介監督の解任理由がバントなどの細かいプレーに課題があったということで、スモールベースボールに適した小深田を1位指名したというのは筋が通っているようにも見える。だが、二遊間に浅村栄斗、茂木栄五郎がいることを考えると、それほど年齢差のない小深田を1位の枠を使ってまで獲得する必要があったのかと疑問を感じる。岸孝之、則本昂大の力が落ちてきていることを考えると将来の先発の柱になれる素材が欲しかったが、指名した投手は全員リリーフタイプで、高校生投手の支配下での指名はゼロ。少し焦点がずれているように見える指名に終始した印象だ。

 1位の小深田は、先日、本サイトで発表したドラフト指名選手の走塁ランキングでも圧倒的な数字をマークしているように、その脚力が最大の武器。自分の持ち味をよく理解しており、全力疾走を怠らない姿勢には好感が持てる。近畿大時代にはリーグ戦通算100安打も達成したミート力も光る。ショートの守備でプロに入ってどこまでできるかが不安材料だが、一年目から一軍の戦力として期待できる選手であることは間違いないだろう。

智弁和歌山・黒川史陽(撮影・西尾典文)
ドラフト2位で指名された智弁和歌山・黒川史陽(撮影・西尾典文)

 2位の黒川は小深田とは対照的な強打者タイプ。軽く振っているようでもヘッドの走るスイングで、体勢を崩されても打球が力強い。9月に行われた国体では木製バットでも見事な活躍を見せて最後の最後に評価を上げた。堂々とした体つきだが、ツーベースの二塁到達で8.00秒を切る脚力も備えている。将来の中軸候補として期待したい。

 3位の津留崎はリリーフタイプのパワーピッチャー。下級生の頃にトミー・ジョン手術を受けたが、その期間に積極的に体作りに取り組み、ストレートの最速は150キロを超えるまでにアップした。縦のスライダーも空振りをとれるボールで、セットアッパー候補として期待がかかる。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita