創志学園・西純矢(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】阪神 創志学園・西純矢、履正社・井上広大…上位に将来性が豊かな素材

 4位の遠藤は力強いバッティングが光るショート。チームでは投手と兼任ということもあって、攻守ともにプレーの完成度は高くないが、たくましい体つきとバットを振る力があるのは魅力だ。チームが求めているのは長打力だけに、持ち味である打撃を伸ばしてアピールしていきたい。

 5位の藤田は高校球界でも屈指の強肩捕手。フットワークを使って素早く動いて強いボールを投げることができ、イニング間のセカンド送球はコンスタントに1.8秒台をマークする。キャッチングに安定感があり、打撃も小柄だがパンチ力がある。同じチームの梅野隆太郎によく似たタイプで、後釜候補としてはぴったりの選手といえるだろう。

 6位の小川は、今年の大学生投手の中でも素材の良さはピカイチの本格派右腕。体つきは細身だが、体重の増加とともにスピードがアップしそうな雰囲気が漂っている。スライダー、カットボールといった変化球のレベルが高いのも大きなプラス要因だ。最終学年でチームの不祥事で公式戦の機会が少なくなったことが影響してこの順位になったが、数年後にローテーションの中心となっていても全くおかしくない素材である。

 育成で獲得した二人も打力に特徴のある大学生野手。まだまだ粗削りだが、打撃が課題のチームだけに、バッティングを伸ばしてアピールしたい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita