創志学園・西純矢(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】阪神 創志学園・西純矢、履正社・井上広大…上位に将来性が豊かな素材

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はセ・リーグ3位の阪神だ。

■阪神指名選手

1位 西純矢(創志学園・投手)

2位 井上広大(履正社・外野手)

3位 及川雅貴(横浜・投手)

4位 遠藤成(東海大相模・内野手)

5位 藤田健斗(中京学院大中京・捕手)

6位 小川一平(東海大九州・投手)

育成1位 小野寺暖(大阪商業大・外野手)

育成2位 奥山皓太(静岡大・外野手)

 奥川を1位の入札で外し、これまでの阪神であれば、即戦力に向かいそうなところだったが、同じ大物高校生の西を指名。2位から5位までも将来性豊かな高校生を並べ、これまでの阪神とは思えないような指名に終始した。もちろん好意的な意味である。チームは、今シーズン何とか滑り込みで3位に入ったが、投手も野手も太い柱がいないことは明白だ。金本知憲前監督が就任時にエース、4番になれる素材を獲得して育てると発言していたが、その通りにはならなかった。今回の指名がフロント主導か現場主導なのかは分からないが、チームのスケールを大きくしようという意図は強く感じられた。今年指名した選手達がチームの中心に成長すれば、魅力あふれるチームができる可能性は高い。

 1位の西はこの順位に相応しいスケールと完成度を兼ね備えた大型右腕。フォームの良さ、体の強さ、スピード、変化球いずれも高校生ではなかなかいないレベルの投手だ。精神的な不安定さは最終学年で見られなくなり、スター性も十分。順調にいけば、遠縁の親戚である西勇輝とともに先発の両輪となる日も遠くなさそうだ。

ドラフト2位で指名された履正社・井上広大(撮影・西尾典文)

 2位の井上は、今年の高校生野手では1、2を争う長距離砲の素材。夏の甲子園での大活躍がフロックのように取り扱われているが、昨年秋、今年春の選抜でも結果は出なくても、技術的な良さは光っていた。チームにとって最も不足している人材で甲子園での活躍から注目度も高まるが、小さくまとまることなく長所を伸ばしてもらいたい。

 3位の及川は春先までは佐々木、奥川、西と並ぶ存在だった大型サウスポー。最終学年で評価を下げたが、素材の良さは誰もが認めるところ。何かきっかけをつかんでフォームが固まれば、一気に飛躍する可能性も十分に秘めている。1位の西に注目が集まる中で、うまく反骨心に火がつくことを期待したい。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita