大船渡・佐々木朗希(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】ロッテ、佐々木朗希を引き当て 「打てる捕手」「隠れ新人王候補」も指名

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はパ・リーグ4位のロッテだ。

■ロッテ指名選手

1位 佐々木朗希(大船渡・投手)

2位 佐藤都志也(東洋大・捕手)

3位 高部瑛斗(国士舘大・外野手)

4位 横山陸人(専大松戸・投手)

5位 福田光輝(法政大・内野手)

育成1位 本前郁也(北翔大・投手)

育成2位 植田将太(慶応大・捕手)

大船渡・佐々木朗希(撮影・西尾典文)
ドラフト1位で指名された大船渡・佐々木朗希(撮影・西尾典文)

  最大の注目選手である佐々木を見事に引き当てた。一昨年は安田尚憲、昨年は藤原恭大と野手の大物を獲得し、次は投手の大物が欲しいところで佐々木が加わるとチームの将来をより明るく照らす。 さらに感心したのが2位で佐藤を指名した点だ。守備ならナンバーワンの海野隆司(東海大→ソフトバンク2位)も残っていたが、「打てる捕手」という希少性を重視したことにチームを大きくしようとする狙いを感じる。3位の高部も総合力では大学ナンバーワンの外野手で、この上位3人だけで満点近い得点をつけることができる。当面のリリーフ陣の手当てができなかった点だけは気になるが、大成功のドラフトだった。

 佐々木は体力面の不安やU18W杯での血マメの影響によって、素材重視のように言われることが多いが、高校生投手としての“完成度の高さ”も普通ではないレベルである。比較されることの多い奥川と比べて、変化球の質自体は佐々木が上回っているように見える。それにくわえて、クイックやフィールディングなどの技術も高い。長身投手にありがちな身体の成長の遅さはあるかもしれないが、それを払拭できれば、いきなり一軍で勝利を重ねても不思議ではない。くれぐれも無理は禁物だが、2年目からローテーションの中心として大活躍する可能性も十分にあるだろう。

東洋大・佐藤都志也(撮影・西尾典文)
ドラフト2位で指名された東洋大・佐藤都志也(撮影・西尾典文)

 2位の佐藤は三拍子高いレベルで揃った万能型のキャッチャー。現時点での即戦力度でいえば、確かに海野かもしれない。だが、完成した時のスケールの大きさでは佐藤が上回るのではないだろうか。脚力と打力があるだけに外野手へのコンバートという声が聞こえてくるが、3位で同じタイプの高部を指名しているだけに、佐藤にはぜひ腰を据えてキャッチャーに取り組んでもらいたい。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita