森下暢仁(明治大) 【撮影・西尾典文】

【ドラフト総括】広島、「新人王候補」明大・森下暢仁を一本釣り 下位でも有望選手を確保

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はセ・リーグ4位の広島だ。

森下暢仁(明治大) 【撮影・西尾典文】
ドラフト1位で指名された明治大・森下暢仁 【撮影・西尾典文】

■広島指名選手
1位 森下暢仁(明治大・投手)
2位 宇草孔基(法政大・外野手)
3位 鈴木寛人(霞ケ浦・投手)
4位 韮沢雄也(花咲徳栄・内野手)
5位 石原貴規(天理大・捕手)
6位 玉村昇悟(丹生・投手)
育成1位 持丸泰輝(旭川大高・捕手)
育成2位 木下元秀(敦賀気比・外野手)
育成3位 畝章真(四国IL香川・投手)

 目玉の一人と見られていた森下を一本釣り出来たことでその後の指名に余裕ができたように見える。森下に加えて3位の鈴木、6位の玉村と将来性豊かな高校生二人を指名できたことで、投手陣の将来は一気に明るくなった。2位では大学球界屈指の俊足強打の外野手である宇草、4位ではバランスの良い攻守が光る韮沢と実力派の野手二人も確保。捕手は若手の有望株が多いだけに、二人も指名する必要があったかは少し疑問だが、持丸は打者として伸ばすことを考えれば納得がいく。中継ぎ、抑えに勤続疲労が見えるだけに、リリーフの即戦力も狙いたかったが、全体的にはバランスの良い指名だったといえる。

 1位の森下は、即戦力という意味では、間違いなく今年の候補の中でナンバーワンだ。初回から9回まで150キロ前後のスピードをマークし、緩急をつける大きなカーブ、打者の手元で鋭く変化するスライダーやフォーク、チェンジアップなど変化球も多彩。過去に肘の故障歴があるのは不安要素だが、コンディションさえ崩さなければ新人王の“筆頭候補”と言えるだろう。

広島にドラフト2位で指名された法政大学の宇草孔基(撮影 西尾典文)
ドラフト2位で指名された法政大学・宇草孔基(撮影 西尾典文)

 2位の宇草は、大型で脚力があるのが魅力。高校時代は細身だったが、大学でしっかりパワーアップして長打力が増している。悪いクセのないバッティングで、確実性も高い。唯一の懸念点は、強さのないスローイング。肩か肘に故障があるなら、まずはしっかり治して内野まで素早く返球できるようにするのが先決だ。

霞ヶ浦・鈴木寛人(撮影・西尾典文)
ドラフト3位で指名された霞ヶ浦・鈴木寛人(撮影・西尾典文)

 3位の鈴木は、外れ1位候補とも言われていた本格派右腕。まだ少し細身だが、バランスの良いフォームで長身から投げ下ろすストレートの角度は惚れ惚れするものがある。高校の先輩である遠藤淳志と比べても、プロ入り時点の完成度やスケールは大きいだけに、2年目か3年目くらいにローテーション入りを果たす可能性も十分にある。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita