東海理化・立野和明(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】日本ハム、佐々木を外して、可もなく不可もない指名に…

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はパ・リーグ5位の日本ハムだ。

東海理化・立野和明(撮影・西尾典文)
東海理化・立野和明(撮影・西尾典文)

■日本ハム指名選手
1位 河野竜生(JFE西日本・投手)
2位 立野和明(東海理化・投手)
3位 上野響平(京都国際・内野手)
4位 鈴木健矢(JX-ENEOS・投手)
5位 望月大希(創価大・投手)
6位 梅林優貴(広島文化学園大・捕手)
7位 片岡奨人(東日本国際大・外野手)
育成1位 宮田輝星(福岡大・外野手)
育成2位 樋口龍之介(BCL新潟・内野手)
育成3位 長谷川凌汰(BCL新潟・投手)

 事前に公表していた佐々木を抽選で外して大きく方針転換。1位、2位、4位で三人の社会人投手を指名した。今シーズンは、ショートスターターを積極的に採用した影響もあってだろうか、リリーフ陣に負担がかかって不安定な投球が続いた。その部分を補強したいという狙いが見える指名である。しかし、有原航平と上沢直之は安定しているものの、投手陣全体を見るとスケールのある若手は多くない。そこに、大学生と社会人のまとまりのあるタイプを並べたところは少し日本ハムらしくなかった。野手も清宮幸太郎、野村佑希と将来が楽しみな二人はいるが、西川遥輝と大田泰示が中堅と言える年齢だけに、もう少し外野手にも目を向けても良かったのではないだろうか。佐々木を外したことで、全体的に可もなく不可もなくという指名に終始したという印象だ。

 1位の河野は、3年連続夏の甲子園に出場したサウスポー。当時はドラフト候補という印象は全くなかったが、社会人の3年間で体つきが見違えるほどたくましくなり、ストレートも150キロを超えるまでになった。ただ、先発として登板すると、スピードのアベレージは決して高くなく、まとまりで勝負するタイプ。プロですぐに活躍するのであれば、リリーフの方が早いだろう。

 2位の立野も社会人の3年間で大きく評価を上げた投手。フォームに悪い欠点がなく、コントロールも安定している。夏は調子を落として少し評価を下げたが、素材の良さは一級品だ。まずはまだ細身の体をしっかり鍛えるところがスタートになるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita