中日にドラフト一位で指名された石川昂弥(東邦)【撮影・西尾典文】

【ドラフト総括】中日、東邦・石川昂弥を引き当てるも…手薄な外野手を指名せず物足りない

 4位の郡司は大学球界で屈指の実力を誇る捕手。地肩の強さ、打撃とも凄みがあるわけではないが、安定感は申し分ない。先述したように、石橋しか若手捕手がおらず、捕手陣が手薄なだけにチャンスは多いだろう。少し雑になりがちなキャッチングの改善に取り組んでもらいたい。

岡林勇希(菰野)【撮影・西尾典文】
ドラフト5位で指名された岡林勇希(菰野)【撮影・西尾典文】

 5位の岡林は投手での指名だが、打撃と運動能力も魅力の選手。左打席からの柔らかくフォロースルーの大きいスイングは出色で、長打力も申し分ない。150キロ以上のスピードを投げられるため投手として勝負したいとのことだが、チーム事情を考えると野手で育てたい素材だ。

 6位の竹内、育成1位の松田は実際に プレーを見ていないため詳述は避けるが、どちらも所属チームからは初のプロ入りとなる。まずはしっかり環境に慣れるところからがスタートになるが、年齢は違っても、同じ境遇の選手がいるというのは二人にとってプラスになるだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita