東邦・石川昂弥(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】中日、東邦・石川昂弥を引き当てるも…手薄な外野手を指名せず物足りない

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はセ・リーグ5位の中日だ。

東邦・石川昂弥(撮影・西尾典文)
ドラフト1位で指名された東邦・石川昂弥(撮影・西尾典文)

■中日指名選手
1位 石川昂弥(東邦・内野手)
2位 橋本侑樹(大阪商業大・投手)
3位 岡野祐一郎(東芝・投手)
4位 郡司裕也(慶応大・捕手)
5位 岡林勇輝(菰野・投手)
6位 竹内龍臣(札幌創成・投手)
育成1位 松田亘哲(名古屋大・投手)

  3球団競合の結果、 事前に公表していた石川を見事に引き当てた。昨年の根尾昂に続く高校球界の大物野手の獲得は、野手の世代交代が必要なチームにとって大きな追い風になるだろう。4位の郡司も若手の捕手が高校卒ルーキーの石橋康太しかいない状況を考えると、大きなプラスであることは間違いない。2位で手薄な左のリリーフタイプの橋本、3位では社会人のなかで安定感ではトップクラスの岡野を指名して投手陣も補強したが、もう一人くらい野手を指名したかった。特に、外野手は大島洋平、平田良介とベテランが中心で、若手の数も不足している。岡林を最初から外野手で指名したのであれば、だいぶ印象は変わるが、最初は投手からスタートとなると、ただでさえ抜擢が遅い球団だけに、野手に転向となってもかなりの年月がかかることが予想される。そういう意味で少し物足りなさが残った。

 1位の石川は選抜の決勝で2本のホームランを放っても、右方向への打球が多く、あまり高く評価する気にはなれなかったが、U18日本代表の活躍で印象が大きく変わった。大型でも芯でとらえる能力が高く、また強く引っ張れるようになったのも大きい。器用貧乏になることなく、スケールの大きい打者に育ってもらいたい。

 2位の橋本は、今年評価を上げた選手だ。大学選手権では完投勝利をマークし、この秋のリーグ戦ではノーヒット・ノーランを達成しているが、タイプ的にはリリーフ向きに見える。小さいテイクバックでうまくボールの出所を隠し、縦のスライダーとチェンジアップのレベルも高い。大学生にしては、細身なのが気になるだけに、しっかり鍛えて中継ぎとして、フル回転できる体力を身につけることがポイントになりそうだ。

 3位の岡野は昨年も候補に挙がっていた先発型右腕。一つ一つのボールの凄さよりもトータルで勝負するタイプで、コントロールの精度も高い。チーム内に先発候補は多く、来年で26歳という年齢を考えると1年目から勝負の年となる。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita