興南・宮城大弥(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】オリックス、「高校ナンバーワン左腕」を指名 育成にも面白い選手がズラリ

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はパ・リーグで最下位に沈んだオリックスだ。

興南・宮城大弥(撮影・西尾典文)
ドラフト1位で指名された興南・宮城大弥(撮影・西尾典文)

■オリックス指名選手
1位 宮城大弥(興南・投手)
2位 紅林弘太郎(駿河総合・内野手)
3位 村西良太(近畿大・投手)
4位 前佑囲斗(津田学園・投手)
5位 勝俣翔貴(国際武道大・内野手)
育成1位 佐藤一磨(横浜隼人・投手)
育成2位 谷岡楓太(武田・投手)
育成3位 中田唯斗(大阪桐蔭・投手)
育成4位 平野大和(日章学園・外野手)
育成5位 鶴見凌也(常磐大高・捕手)
育成6位 大下誠一郎(白鷗大・外野手)
育成7位 佐藤優悟(仙台大・外野手)
育成8位 松山真之(BCL富山・投手)

 事前の予想では佐々木を入札すると見られていたが、石川を指名。抽選で外してサウスポーへ方針転換し、河野竜生(JFE西日本)も外したが、高校ナンバーワン左腕の宮城を確保した。2位以下でも紅林、勝俣、大下、佐藤優悟など長打力が武器の野手を積極的に指名。支配下、育成合わせて8人もの高校生を指名し、毎年多く指名する社会人選手は0という結果だった。今季は最下位だが、安易に即戦力に向かわず、将来を見据えた指名をしたことは評価できる。ただ、気になった点は、捕手の指名が育成の鶴見一人だけだったこと。支配下登録の捕手がわずか5人しかおらず、今年は捕手の有力選手が多かっただけに、もったいなかったという印象だ。

 次に個々の選手を紹介したい。宮城は高校生だが完成度が高く、即戦力の期待もかかるサウスポー。ストレートは常時145キロ前後をマークし、打者の手元で鋭く変化するスライダー、チェンジアップ、さらに緩急をつけるカーブなど変化球はいずれも一級品だ。安定している左投手がいないだけに、1年目から一軍入りのチャンスも十分にある。

紅林弘太郎(駿河総合) 【撮影・西尾典文】
ドラフト2位で指名された紅林弘太郎(駿河総合) 【撮影・西尾典文】

 2位の紅林は、チームに不足している右の長距離打者。タイミングをとる動きに無駄が大きく確実性には課題が残るが、芯でとらえた時の打球の迫力は申し分ない。ショートから見せる強肩も魅力だ。時間はかかるタイプだが、将来の中軸候補として大きく育ててもらいたい。昨年1位で指名した太田椋とクリーンアップを形成することになれば、チームの大きな売りになるだろう。

 3位の村西はリリーフタイプ。サイドに近いスリークォーターから140キロ台後半のスピードを誇り、スライダーのキレも申し分ない。リリーフ陣に厚みを加える存在として1年目から期待がかかる。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita