星稜・奥川恭伸(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】ヤクルト、星稜奥川を引き当てるも「高齢化」進む外野手を補強せず

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたいと思う。まずは、今シーズン、セ・リーグ最下位に沈んだヤクルトだ。

星稜・奥川恭伸(撮影・西尾典文)
ヤクルトにドラフト1位で指名された星稜・奥川恭伸(撮影・西尾典文)

■ヤクルト指名選手

1位 奥川恭伸(星稜・投手)

2位 吉田大喜(日本体育大・投手)

3位 杉山晃基(創価大・投手)

4位 大西広樹(大阪商業大・投手)

5位 長岡秀樹(八千代松陰・内野手)

6位 武岡龍世(八戸学院光星・内野手)

 チーム防御率は12球団でもダントツの最下位で、投手陣の整備が最大のポイントだったヤクルト。奥川を見事に引き当てて、2位以降も3人の大学生投手を並べて弱点の補強に成功した。

 まず奥川だが、高校生でも完成度は高く、いきなり一軍に入ってくる可能性も十分にある。ただ気をつけたいのは故障。今年も選抜終了後に肩の違和感を訴えており、くれぐれも無理は禁物である。ヤクルト投手陣は故障者が多いことが悪しき伝統になっているだけに、最大限の注意が必要だろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita