国士舘大 高部瑛斗(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】パ・リーグ各球団「会心の指名」は誰だったのか?

 佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治大)の三人の動向に注目が集まった2019年のドラフト会議。佐々木は4球団競合でロッテ、奥川は3球団競合でヤクルト、そして森下は単独指名で広島が交渉権を獲得する結果となった。しかし、ドラフトの成否は目玉選手、1位指名だけで決まるわけではない。そこで今回は2位以下の指名で、各球団会心といえる指名は誰だったのか、主任研究員の西尾典文の目から探ってみたい。今日はパ・リーグ編だ。

紅林弘太郎(駿河総合) 【撮影・西尾典文】
紅林弘太郎(駿河総合) 【撮影・西尾典文】

【オリックス】

2位;紅林弘太郎(駿河総合・内野手)

 1位で石川昂弥(東邦)を抽選で外したが、上司指名の枠を使って高校生の大物野手を獲得したということは高く評価したい。チームは慢性的な長打力不足であり、投手陣は若手が育ってきていることを考えると、優先度は野手が高くなる。紅林は、まだまだ粗さはあるものの、大型で長打力に魅力がある選手。今のオリックスに完全に足りないタイプである。数少ない強打者の吉田正尚が左打者だということを考えてもバランスが良い。是非ともチームを代表する打者に育ててもらいたい素材だ。

東海理化・立野和明(撮影・西尾典文)
東海理化・立野和明(撮影・西尾典文)

【日本ハム】

2位:立野和明(東海理化・投手)

 社会人投手を3人指名したが、その中でも一番納得がいったのがこの立野だ。有原航平と上沢直之はいるものの、将来のローテーション候補は決して多くないだけに立野はそこにぴったり当てはまる。高校卒3年目でまだ体つきは細いものの、フォームの良さは一級品。そしてスピードだけでなく制球力が高いというのにも安心感がある。近い将来、昨年1位で指名した吉田輝星とともに、チームのローテーションを支える存在になってもらいたい。

国士舘大・高部瑛斗(撮影・西尾典文)
国士舘大・高部瑛斗(撮影・西尾典文)

【ロッテ】

3位;高部瑛斗(国士舘大・外野手)

 このPABB labでも「ミスター東都二部」として紹介した外野手。チームの年齢構成を見ると、22歳から26歳の年齢に一人も外野手がおらず、荻野貴司、清田育宏、角中勝也が揃ってベテランになっていることを考えると、大学生外野手は補強ポイントにぴったり当てはまる。高部は広角に打ち分けるバッティング、積極的な走塁、ライトから見せる強肩と高いレベルで三拍子揃い、これからの成長も見込める選手。近い将来、昨年1位で獲得した藤原恭大と組む外野陣はチームの大きな売りになることも十分に考えられるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita