近江・有馬諒(撮影・西尾典文)

「高校球界屈指」の捕手がプロ入りせず…有力選手の気になる“進路” 

 10月17日に開かれるドラフト会議だが、今年プロ入りという選択をしなかった選手も少なくない。今回はそんなプロ志望届未提出の有力選手について、予想されている進路とともに紹介したい。

 まず高校生で、志望届を出せば上位指名の可能性が最も高かったのは有馬諒(近江・捕手)だ。1年秋から不動の正捕手となり、甲子園に3度出場している高校球界ナンバーワンキャッチャーである。下級生の頃はセンスの良さが先行していたが、今年に入り攻守ともに見違えるように力強くなった。地肩の強さはもちろんだが、しっかりフットワークを使って投げることができ、計測できた中でのセカンド送球最速タイムは1.85秒を誇る。大きく構えてボールを呼び込めるバッティングも高校生では上位だ。近江と言えば複数の投手の継投が伝統となっているが、タイプの違うピッチャーの良さを引き出すリードも見事という他ない。関西大への進学が有力と言われているが、入学直後から起用される可能性は十分にあるだろう。

習志野・ 飯塚脩人 (撮影・西尾典文)

 高校生の投手では、U18で活躍した飯塚脩人(習志野)、池田陽佑(智弁和歌山)と関西を代表する本格派である上田大河(大商大高)、藤本竜輝(社)、完成度の高さが光る河野佳(広陵)、下村海翔(九州国際大付)などの名前が挙がる。飯塚と池田は春夏連続で甲子園に出場したが、春と夏では別人のようにストレートが力強くなり、最速も150キロに到達している。ともに飯塚は早稲田大、池田は立教大進学が有力と見られており、神宮の舞台でも投げ合いが見られそうだ。

上田は下級生の頃から大器と評判で、今年の春は履正社を相手に2失点完投。その後、右手に打球を受けた影響で近畿大会ではリリーフでの登板となったが、そこでも力強いストレートを披露している。大学の付属校ということもあり、そのまま大阪商業大に進学すると見られているが、近年毎年のように好投手を輩出しているだけに、その流れに続きたいところだ。

藤本は兵庫が誇る公立の星。細身ながら柔らかく鋭い腕の振りは出色で、145キロを超えるストレートと鋭く変化するスライダーで三振の山を築く。進学が予想される立命館大でも早くから主戦となりそうだ。河野は先述したように選抜での活躍で評価を上げた。河野と下村は上背がないものの、まとまりのある好投手。河野は選抜で150キロ、下村も春の練習試合で149キロをマークしており、スピードも申し分ない。河野は高校卒の好投手を輩出する社会人の大阪ガス、下村は東都二部ながら名門で現在同じタイプの森圭名(2年・富山第一)が活躍している青山学院大に進む予定だ。

 野手ではU18で二遊間を組んだ坂下翔馬(智弁学園)と熊田任洋(東邦)も進学を選択した。坂下は木製バットに苦しみ、熊田も自慢の守備に綻びは出たものの、ともに持っている能力の高さは申し分ない。坂下は近畿大、熊田は早稲田大と名門で更なるレベルアップを図ることになる。

 大学生はプロ志望届を提出した選手が多かったが、早々に社会人入りを決めた中では渕上佳輝(星槎道都大)(東海大)の本格派右腕二人に注目だ。渕上は無駄のないフォームで高い制球力を誇り、勝負どころでは140キロ台後半のスピードで押せるのも特長。今年の大学選手権では初戦でタイブレークのすえに敗れたものの、延長11回を投げて自責点0、12奪三振と見事な投球を見せた。原田は高校時代から評判で、大学でも順調に成長。たくましい体つきから投げ込むストレートはコンスタントに145キロを超え、数字に見合う威力がある。渕上はトヨタ自動車、原田は日立製作所と、投手陣の層が厚いチームに加わるが、そこで2年間でどこまでアピールできるかが勝負になるだろう。

 ここで挙げたのは現時点でもプロ入りを狙える選手たちだが、大学や社会人で低迷する例も少なくない。そうなることなく、彼らが新たなステージでもさらなる成長を見せてくれることに期待したい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita