創志学園・西純矢(撮影・西尾典文)

【ドラフト2019】創志学園・西純矢、霞ヶ浦・鈴木寛人がプロ志望届を提出 上位指名も

 日本高等学校野球連盟(高野連)は10月1日、2019年のドラフト会議で対象者となる「プロ野球志望届提出者」を追加公表した。今年のU18W杯日本代表に選出された創志学園エースの西純矢と、夏の甲子園では一回戦で敗れたが、最速150キロを誇るなどスカウト陣の評価が高い霞ヶ浦のエース鈴木寛人らがプロ志望届を提出した。いずれもドラフト上位での指名が期待されている。

創志学園・西 純矢(撮影・西尾典文)
霞ヶ浦・鈴木寛人(撮影・西尾典文)

同日公表された提出者は以下の通り。

霞 ケ 浦(茨城)      鈴木 寛人

つくば国際大(茨城)      山口 竜民

創志学園(岡山)       西  純矢

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita