東芝・宮川哲(撮影・西尾典文)

【ドラフト2019】上位指名候補がズラリ…社会人&独立リーグ「球速ランキング」

 最速163キロを誇る佐々木朗希(大船渡)、コンスタントに150キロを超えるスピードをマークする奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治大)の三投手に注目が集まる今年のドラフト会議。主任研究員の西尾典文が、今年現場で実際に確認できた有力投手の最速をランキング形式で紹介する。高校生、社会人と続き、最後は社会人と独立リーグの選手だ。

宮川哲(東芝) 【撮影・西尾典文】

宮川哲(東芝)       :152キロ スポニチ大会 対日本新薬戦

太田龍(JR東日本)      :151キロ 都市対抗予選 対明治安田生命戦

大場遼太郎(JX-ENEOS) :150キロ 都市対抗予選 対東芝戦

小久保気(西濃運輸)    :150キロ 都市対抗 対JR東日本戦

長谷川凌汰(BCL新潟) 【撮影・西尾典文】

長谷川凌汰(BCL新潟) :150キロ プロ独立交流戦 対巨人戦

前川哲(BCL新潟)   :149キロ プロ独立交流戦 対巨人戦

小木田敦也(TDK)   :148キロ ベーブルース杯 対セガサミー戦

近藤卓也(ヤマハ)   :148キロ 都市対抗 対七十七銀行戦

永谷暢章(JR東日本)  :147キロ オープン戦 対東北公益文化大戦

岡野祐一郎(東芝)   :147キロ 都市対抗予選 JX-ENEOS戦

江口昌太(JX-ENEOS) :147キロ 都市対抗予選 対東芝戦

宮崎一誠(JX-ENEOS) :147キロ 都市対抗予選 対東芝戦

堀田晃(西濃運輸)   :147キロ 都市対抗 対JR東日本戦

熊谷拓也(NTT東日本) :146キロ 都市対抗予選 対鷺宮製作所戦

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita