東洋大・佐藤都志也(撮影・西尾典文)

【ドラフト2019】「戦国東都」今年は大不作か? その理由は…

 東京六大学野球とともに、大学野球を常にリードしてきた存在の東都大学野球連盟。一部と二部の実力差が均衡しており、二部に降格すると神宮球場で試合を行えない厳しさから“戦国東都”とも呼ばれている。当然、プロにも多くの選手を輩出しており、過去10年の間に東都大学リーグ所属チームからドラフト指名を受けた選手を調べてみると下記の通りとなった。

2009年

中田亮二(亜細亜大→中日3位)

松井佑介(東農大→中日4位)

中原恵司(亜細亜大→ソフトバンク4位)

山室公志郎(青学大→ロッテ育成1位)

2010年

沢村拓一(中央大→巨人1位)

南昌輝(立正大→ロッテ2位)

乾真大(東洋大→日本ハム3位)

小池翔大(青学大→ロッテ4位)

林崎遼(東洋大→西武5位)

2011年

藤岡貴裕(東洋大→ロッテ1位)

鈴木大地(東洋大→ロッテ3位)

髙木京介(国学院大→巨人4位)

2012年

東浜巨(亜細亜大→ソフトバンク1位)

白崎浩之(駒沢大→DeNA1位)

高田知季(亜細亜大→ソフトバンク3位)

鍵谷陽平(中央大→日本ハム3位)

緒方凌介(東洋大→阪神6位)

谷内亮太(国学院大→ヤクルト6位)

2013年

杉浦稔大(国学院大→ヤクルト1位)

吉田裕太(立正大→ロッテ2位)

九里亜蓮(亜細亜大→広島2位)

嶺井博希(亜細亜大→DeNA3位)

陽川尚将(東農大→阪神3位)

岩崎優(国士舘大→阪神6位)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita