丹生玉村.

【ドラフト2019】福井が誇る左腕、丹生・玉村昇悟 チェンジアップが魅力

 今年は佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治大)の3人が目玉と言われているドラフト会議。しかしそれ以外にも将来が楽しみな候補は多く存在しているため、そんな選手たちについて、主任研究員である西尾典文が見た試合のプレーぶりを交えながら紹介していきたい。今回は北信越を代表する投手をピックアップしてみた。

玉村昇悟(丹生)

観戦日:6月8日(練習試合 対常葉大菊川戦)

成績:5回1/3 被安打1 1失点(自責点1) 6奪三振 2四球

この日の最速:140キロ

確認できた変化球:カーブ、スライダー、チェンジアップ

 惜しくも甲子園出場はならなかったものの、今年夏の福井大会で決勝進出を果たして一躍その名を上げたサウスポー。福井県内では昨年から評判になっていたためどこかで見なければと思っていたが、静岡で練習試合があるという情報をキャッチしたため常葉大菊川グラウンドを訪れた。

 学校のグラウンドでの練習試合の場合、バックネット裏から見られないこともあるが、常葉大菊川は数十席ながらも小さなスタンドが用意されていたのでありがたかった。スタンドに居合わせたプロ球団のスカウトは一人のみと少し拍子抜けしたが、試合は無事に玉村が先発で始まった。

 立ち上がりの1回、玉村は2番打者への四球と盗塁で二死二塁とされ、4番の伊藤勝仁にタイムリーを浴びて1点を失う。しかし初回のアウトは全て三振と24球を擁しながらもさすがのピッチングを見せる。体つきはまだまだ見るからに細く、ユニフォームがだぶついているくらいだったが、それでいながらフォームのバランスが良いというのが玉村の特長。サウスポーらしい角度のあるボールを左打者の外角いっぱいに決めて三振を奪っていく。

丹生・玉村昇悟(撮影・西尾典文)

 事前に某球団の担当スカウトから聞いていた話では、スピードは大体140キロ出るか出ないかとのことだったが、この日もアベレージは130キロ台後半。ちなみに丹生高校のある福井県の県営球場のスピードガンは速めに表示されるらしく、玉村のマークした最速(報道では147キロ)もそこで記録されたものとのこと。しかし、130キロ台後半でも玉村の場合は肘を柔らかく使ってボールを長く持つことができるため、打者にとっては速く見える。そして、高校生サウスポーにありがちなコントロールの悪さがないのも大きな魅力だ。変化球はスライダーが中心だが、面白いのがチェンジアップ。精度はまだまだだが、思わず打者が腰を引くようなブレーキがあった。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita