ドラフト戦線に急浮上?日米13球団が注目する逸材も

 佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治大)の三人に人気が集中すると見られる今年のドラフト会議。しかし、それだけ1位指名が重複するということは、当然抽選に外れる球団も多くなるということだ。いわゆる「外れ1位候補」として、高校生では西純矢(創志学園)や宮城大弥(興南)、及川雅貴(横浜)、石川昂弥(東邦)、大学生・社会人では、海野隆司(東海大)や佐藤都志也(東洋大)、太田龍(JR東日本)、宮川哲(東芝)、立野和明(東海理化)、河野竜生(JFE西日本)などの名前が挙がっているが、意外な選手が上位で指名されることも十分に考えられるだろう。そこで、まだ一般的にはあまり知名度は高くないものの、ドラフトまでに急浮上する可能性がある選手を紹介したい。

菰野・岡林勇希(撮影・西尾典文)

 高校生で取り上げたいのが岡林勇希(菰野・右投左打)である。下級生の頃から地元では本格派右腕として評判で、2年春には高校日本代表候補にも選ばれている。177cmと決して大柄ではないが、長いリーチを柔らかく使って、豪快な腕の振りから投げ込むストレートは、コンスタントに150キロ前後をマークする。岡林の良さは投球だけではない。福留孝介(阪神)を彷彿とさせる柔らかいスイングで長打を量産するバッティングにも非凡なものがある。兄の飛翔を一昨年の育成1位で指名した広島が特に熱心だという噂もあるが、この夏も多くのスカウトが視察に訪れており、獲得を検討している球団は多いだろう。

 同じ高校生の本格派右腕で、もうひとり面白いのが落合秀市(和歌山東・右投左打)だ。185cm、90kgという堂々とした体格から投げ込むストレートは145キロ前後をマークし、数字に見合う球威を感じる。夏の和歌山大会では、3回戦で選抜出場校の市和歌山にサヨナラ負けを喫したが、この試合にはNPB12球団とメジャー1球団の計13球団のスカウトが集結した。打者との駆け引きやフィールディング、牽制といった投げる以外のプレーは稚拙で課題が多いが、その体格と馬力は間違いなく高校生トップクラスだ。

 一方、大学生で注目したい選手は、高部瑛斗(国士舘大・外野手)。東都大学二部リーグに所属ながら1年春から4年春までの7シーズンで117安打を積み重ねたヒットメーカーだ。東都大学野球は、通称“戦国東都”と呼ばれるほど一部から二部のレベルの差が小さく、近年では吉田正尚(オリックス)や原樹理(ヤクルト)も、主に二部でプレーしながら1位指名を受けている。ちなみに東都一部の通算安打記録は藤波行雄(中央大→中日)の133本で、二部ながら高部は、藤波の記録を更新する可能性も十分にある。この春は3本塁打を放つなどパンチ力が向上し、俊足と強肩でも目立つ存在だ。若手の外野手が不足している球団は、上位指名で狙ってもおかしくはないだろう。

 社会人では、阿部陽登(日立製作所)を推したい。駒大苫小牧から入社した今年3年目の右腕。身長は180cmとそこまで大柄ではないが、手足が長くマウンド上で大きく見え、その長いリーチを無駄なく使えるのが長所だ。スムーズに上から腕が振れ、ボールの角度は申し分ない。大舞台での実績は乏しいとはいえ、今年の都市対抗では2試合にリリーフで登板し、いずれも無失点と好投を見せた。将来性を高く評価している球団は少なくない。

 一昨年のドラフトでは1位指名の抽選を三度外したソフトバンクが、上位候補として名前の挙がっていなかった吉住晴斗(鶴岡東)を指名して話題となった。今年もここで紹介した選手たちが「第二の吉住」となることも十分に考えられる。ドラフト戦線に急浮上する“金の卵”にぜひ注目してほしい。

(文・取材/PABB主任研究員・西尾典文)

※本記事は PABB主任研究員・西尾典文 が一般メディアに寄稿した記事を再編集したものです。

PABB編集部